ACCESS

株式会社新堀工務店
〒311−1534
茨城県鉾田市鳥栖1142番地
TEL (0291) 36-3412(代)
FAX (0291) 36-5066
info@niihori-koumuten.com

事業案内 BUSINESS LINE

枠組み工事の流れ

鉄筋で作られた建造物の骨組に、コンクリートを流す、ベニヤ板・金物を使用し、器を作成して躯体形状を確立させます。その後、建てられた型枠の中にコンクリートを流し込み、硬化後にその型枠を取り外せば建物の形成が出来上がります。 こうした型枠を組み上げ、コンクリート製の建物を形成する工事を『型枠工事』と言います。

01  鉄筋配筋工事
建物の基礎をつくる工程。設計図に従ってコンクリートの中の鉄筋を配置する。 基礎の骨組みをつくる工程です。
01  鉄筋配筋工事
02  基礎型枠組
立ち上がり基礎の出来る部分に、型枠を組み、固定します。
02  基礎型枠組
03  型枠加工
弊社専用の資材置場、加工場を設け、難度の高い曲面など多用した型枠の場合でも、型枠工場と設計部門が連携し、現場のニーズに最もふさわしい型枠をご提案いたします。
03  型枠加工
04  壁型枠建込み
先ほど加工した型枠を搬入し建込んでいきます。セパレーター及びフォームタイという金物で締め付け型枠を組み立てていきます。
04  壁型枠建込み
05  コンクリート打込み
コンクリートを運ぶ生コン車が現場に到着し、コンクリート圧送(コンクリートを型枠に流し込むポンプ車)に流し込み、作業員が適材適所にコンクリートを流していきます。
05  コンクリート打込み